<2006/02/26>「関西人ナイト#02」〜ゲスト:中西 宏行(from ペチカ)

【楽曲紹介】

#01 「Rain」
・当日の天気はライブが始める直前まで「雨」 開場が始まって、開演前にはすっかり「雨上がり」になっていました。
そんな天候の中で選んだ1曲目がバラード「Rain」
今回も「MXRのフェイザー」を利用して、ええ感じにスタートして行きました

#02「Like a moon」(ver.2006)
・SOULtoneでも定番の曲であった「Like a moon」を 1キー下げて、通常の「B」ではなく「A」にアレンジ
さらにリズムアレンジも、バンドの時よりも "バックビート"が効く感じにしてみました。
しかし、実際にライブでやってみると、 なかなか思う"景色"を見せる事が出来なくて・・・。

#03「3月9日」with ナカニシ(by ペチカ)
・毎回ゲストを迎えてコラボレーションをしていく それが、「Chu-ta's Blues Live」の醍醐味です。
2回目の今回は「元SOULtone」のベーシスト"JAN"が 現在所属するバンド「ペチカ」のvo&gをしている
"中西 宏行"くんを迎えてのゲストライブ。1曲目はレミオロメンのカヴァー「3月9日」

俺の「ウネウネ」にフェイクする歌と 中西くんの「真っ直ぐ」な歌が絡みあいで 独特なグルーヴを作る事が出来ました。

#04「アリの巣のアリ」with ナカニシ(by ペチカ)

・そして、もう1曲は、最新シングルにもなっている ペチカの「アリの巣のアリ」。
大胆に3フィンガーのカントリーフォークアレンジにして演奏して見ました。

とても楽しく、そして「言葉」が届いていくように
俺なりの「アリの巣のアリ」が奏でたんやないやろうか?

#05「君に届け」

・ここからは、またソロでのライブです。この「君に届け」はSOULtone結成以前から演奏をしている
バラードで、もちろんSOULtone時代にも何度か演奏はしています。

別れいく恋人を想い、淡々とストーリーをすすめていく
ラブ・ソングですが、言葉が真っ直ぐに飛ばないと、
確実に"こけて"しまうので、相当気合を入れないと歌いきる事が出来ない歌です。

#06「楽song」

・最後はやっぱり、この曲!! 明日の"元気"、そしてみなさんへの"感謝"を込めて。

本当に暖かい手拍子をありがとう。
こうして、お客さんと「一体」になれる瞬間がなによりも楽しく、
そして「Chu-ta's Blues Live」をやっていて一番よかったと思えるときです
【セットリスト】

#01 Rain
#02 Like a moon(Ver.2006)
#03 3月9日
#04 アリの巣のアリ
#05 君に届け
#06 楽song

・やっぱりKAKADOは演奏していて気持ちいいんよなぁー
絶対一回このライブハウスでやると他のハコでやろうと 思えんのよ・・・
俺のギターシステムもしっかり受け止めてくれるPAがいて あの独特のギターサウンドを作ってくれる。

今回ゲストで参加してくれたナカニシくんには、本間に感謝です。
なかなか自分の曲を他人がアレンジして、それを快く演奏するっていうのが、
大変な事ですが、楽しく演奏できたと言ってもらえて、
やってよかったと本間に思いました。

また、今回の「第2回関西人ナイト」では"全出演者"のステージで「Blues Harp」で参加出来ました。
非常に楽しかったです。

Photo by JAN


Copyright(c) 2005 office Chu-ta All Rights Reserved

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー