<2008.07.25> Chu-ta's Blues Live in 天六 音太小屋



Chu-ta's Blues Live

「Road to SONGS 2008」

2008.07.25 音太小屋

-セットリスト-

01:ぬくもり
02:アワイソラ
03:太陽
04:インスト
05:ロンリーチャップリン(まゆChu)
06:金色のこの街
07:Road to SONGS

-アンコール-

・ソウル

【Report】

天神橋6丁目にある"隠れ家的ライブハウス"

「音太小屋」(ねたごや)

ひょんな事から、毎週金曜に行われている
飛び入りライブ「フォーク酒場」に参加するようになり

またまた、ひょんな事から
仲良くさせてもらうようになって、約半年

待望の1時間ライブに出演させてもらうことが出来た

久しぶりに鳴らす
「Kalamazoo KG-11」が大音量で鳴り

いつもと変わらず、常に暖かい音を奏でてくれる
スタッフの心意気と、暖かいお客さんに包まれた
最高のライブでした。

大阪で再び始まった
「Road to SONGS」=「音楽への道」に
光を与えてくれた、音太小屋に感謝の気持ちを込めて
歌を紡げた素敵な空気だった


【曲紹介】

01:ぬくもり (by リクオ)

ここ何ヶ月で一番刺激を受けたアーティスト「リクオ」
どうしても1曲目に歌いたいと思ったこのカヴァー

「大切なのは明日だとか、夢じゃない」
「どこかよりも、今ここにいること」
その言葉はまさしく、1曲目にふさわしく響いた

02:アワイソラ (by Chu-ta)

SOULtone時代、解散直前に作ったオリジナル
「初恋」=「アワイソラ」をテーマに作ったこの曲
本来ディスコビートの曲だったけれど
ソロになり、新しい「アワイソラ」も板についてきました

03:太陽 (by 槇原敬之)

人生に迷ったり、悩んだりした時でも
「いつも僕らを照らす太陽」
言葉の一つ、一つが心に響き
何度も涙がこぼれた名曲にトライしました
ボディーヒットを使ったアレンジにしています

04:インスト(by Chu-ta)

ここからは、チューニングを
「DADGAD」に変更したメニュー
・ボディーヒット
・タッピング
等を使って尊敬する「マイケル・ヘッジス」
に届くように作ったインストの曲です

05:ロンリーチャップリン(by 鈴木雅之・聖美)

ゲストに「まゆみ」(from まゆChu)を迎えてのデュエット
曲は大ヒットした曲だけど「DADGAD」を使う事で
オリジナルとは、異なったマイナーバラードにアレンジしました
歌い始まるまで「何の曲?」と思わせるようにしているので
毎回楽しい曲です
俺の"鋭角な声"とまゆみさんの"丸い声"がサビでシンクロして
心地良いハーモニーを作れたと思います

06:金色のこの街(by Chu-ta)

「音太小屋」をイメージして作った最新のオリジナル
来る人、来る人が本当に音楽が大好きで
好きなウタを好きなように奏で続ける素敵なライブハウス
音太小屋に出会って、改めて「忘れかけていた音楽への希望」や
沢山の事を、学びました。
その内、みんなでこのウタを歌えたらキモチ良いだろうなぁ〜

07:Road to SONGS (by Chu-ta)

何度歌っても、自画自賛できる名曲だと思う
"DADGADならでは"のギターの響き
そして「Kalamazoo」が本当にキモチヨク響いて
演奏していて、一番、心地よく歌が紡げたと思います

アンコール:ソウル (by リクオ)

アンコールに答えて、ラストに歌わせてもらった
リクオの「ソウル」
本間に名曲中の名曲です。


Copyright(c) 2005 office Chu-ta All Rights Reserved

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー